/

この記事は会員限定です

メキシコ大統領、コロナ禍で初外遊 就任20カ月

(更新) [有料会員限定]

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコのロペスオブラドール大統領の今回の訪米は、2018年12月の就任から初の外遊となった。これまでは内政集中や緊縮をアピールするため国内に20カ月閉じこもってきた。新型コロナウイルスの感染が広がる中であえて外遊を決めたのは、米国との摩擦を抑える「米国第一」戦略を象徴している。

「北米の存在感を高める」。ロペスオブラドール氏は8日、トランプ米大統領との共同会見で、北米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

宮本 英威

カバージャンル

  • 中南米の政治と経済
  • スポーツビジネス

経歴

現在はメキシコシティ支局長。2002年慶大法卒、日本経済新聞社入社。12~17年にサンパウロ支局長。現地でブラジルのルセフ大統領弾劾、米国とキューバの国交回復、サッカーW杯、リオデジャネイロ五輪を取材した。19年3月に早大スポーツMBA Essenceを修了。

活動実績

2020年12月21日 テレビ東京「Newsモーニングサテライト」にメキシコから電話出演。新型コロナの現状や自動車産業の動向を解説
2020年6月22日 日墨交流会「メキシコセミナー」オンライン出演
2020年5月19日 テレビ東京「Newsモーニングサテライト」にメキシコから電話出演
2019年7月 日本ブラジル中央協会会報に「引き継ぎたい五輪ボランティアの笑顔」寄稿
2018年10月 ラテンアメリカ協会会報に「南米に広がるベネズエラ移民」寄稿
2017年7月 神田外語大学で「ブラジルの政治・経済危機を報じて~5年間の駐在経験から」講義

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン