/

エーザイなど、アルツハイマー治療薬を米国で申請

米バイオジェンと開発しているアルツハイマー病治療薬候補を米FDAに申請した

エーザイは8日、米バイオジェンと開発しているアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局(FDA)への承認申請を完了したと発表した。同薬は認知機能の低下を遅らせる効果があるとされ、実用化が注目されている。

両社は臨床試験(治験)で被験者に約1年半投与したところ、認知機能の低下を抑制したことが確認できたとしている。アルツハイマー病では脳内に「アミロイドベータ」という物質がたまることがわかっているが、治験結果ではこれが減少したことも判明した。

当初は2020年の早い段階で申請する計画だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン