/

この記事は会員限定です

「第三」販売量、ビール抜く コロナで広がる家飲み

(更新) [有料会員限定]

国内のアルコール飲料市場が大きく変化している。2020年1~6月の第三のビールの販売量は上半期ベースで初めてビールを上回った。新型コロナウイルス禍で飲食店が休業。景気低迷で節約志向が強まり、消費者が割安な第三のビールを自宅で飲んだためだ。ビール大手は収益悪化への対応を迫られている。

「ここまで落ちるとは思わなかった」。大手ビール幹部は肩を落とした。1~6月のビールと第三、発泡酒を合わせたビール系飲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン