/

英、サウジ武器輸出再開へ 人道法違反「リスクなし」

【ロンドン=共同】英政府は7日、一時停止していたサウジアラビアへの武器輸出を再開させる方針を表明した。サウジが介入するイエメン内戦で、英国から調達した武器が国際人道法に反する行為に使用されているとの批判もあるが、トラス国際貿易相は「明確なリスクはないと判断した」と強調し、輸出再開を正当化した。

トラス英国際貿易相=ロイター

トラス氏は声明で、サウジによる空爆などについて、意図的に武器を国際人道法の違反行為に使う傾向はないと主張。サウジには同法を「順守する意思」があるとも指摘した。

イエメン内戦ではサウジ主導の連合軍と親イラン武装組織フーシ派が敵対。英控訴院は昨年、武器が同法に違反する行為に使われているかどうかを政府が検討しなかったとし、サウジへの武器輸出を企業に許可するのは違法との判決を下した。これを受け、政府は新規の輸出許可を一時停止した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン