リモートで空調の保守も ダイキン、ウエアラブル活用

2020/7/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ダイキン工業は空調機器の保守作業に遠隔管理システムを取り入れた。カメラやマイクを搭載したウエアラブル端末をスタートアップ企業と共同で導入。現場作業員の首に掛け、遠隔地にいる専門技術者とインターネットで接続する。新型コロナウイルスの影響で技術者が遠距離移動しにくい場合もあるため、デジタル技術を活用して作業効率を高める。

東京大学発のフェアリーデバイセズ(東京・文京)が開発したウエアラブル端末を6月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]