/

この記事は会員限定です

石炭火力、輸出支援を「原則禁止」 政府方針

[有料会員限定]

政府は新興国などへの石炭火力発電所の新たな輸出について原則として支援しない方針を固めた。温暖化ガス削減技術とセットにすることなどを要件にする。石炭火力は地球温暖化を招く二酸化炭素(CO2)を大量に排出する。石炭火力の輸出に公的支援を続ける日本への国際社会の批判を受け、政策を修正する。

9日発表する新たなインフラ輸出戦略の骨子としてまとめる。

現在、経済的な面から石炭火力を選択せざるをえない国で、効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン