鉄鋼「中国の存在感高まる」 JFEHDの柿木社長

2020/7/8 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で世界の鉄鋼生産が落ち込むなか、いち早くコロナ禍から回復した中国が増産に動いている。JFEホールディングスの柿木厚司社長は「世界の鉄鋼産業における中国の存在感はさらに高まる」と語る。欧米なども中国の影響力が増すのを警戒し、自国産業の保護主義を強める可能性がある。

――自動車向けを中心に鋼材の需要が大きく減っています。

「輸出が約4割を占める国内の粗鋼生産量は大きく落ち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]