少子高齢化の東京 出生率向上へ負担軽減欠かせず
小池都政 2期目の課題(4)

2020/7/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「日本全体で人口が減少する。超高齢化のうねりは加速度的にやってくる。東京にとって大変重要な時期に当たる」。小池百合子知事は再選後初の記者会見で、社会の変化に対応した福祉政策の遂行に意欲を示した。「子ども」「高齢者」が引き続き重点分野となる。

東京都は2019年12月、40年代に目指す東京の姿を示した「未来の東京戦略ビジョン」を公表した。そこで示されたのは「野心的な数字」(小池氏)。一人の女性が一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]