ベトナム国営石油、遠い自前生産 ENEOSと合弁進まず

2020/7/8 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベトナムの国営企業で、ガソリン小売り最大手のペトロリメックスの事業改革が停滞している。ENEOSの山口県の製油所に出資して石油精製に進出。国境を越えて精製から販売に至る一貫体制を構築する計画だが、ベトナム政府から出資の承認がなかなか下りない。2021年に共産党指導部の交代時期を控え、政府が重要な判断を避ける傾向を強めている。今後の成長戦略に影響を及ぼす可能性がある。

「すぐにでもやりたいが、話は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]