鈴与、兵庫県に物流拠点新設 商品の配送時間短縮

2020/7/8 19:40
保存
共有
印刷
その他

鈴与は兵庫県尼崎市に物流拠点を新設した。物流施設大手ESRが運営する施設の4階を賃借した。顧客となる東日本のメーカーは関西以西の販売で商品配送時間が長くなり販売機会を失っていることから、西日本に物流拠点を求める需要を取り込む。災害による物流の寸断などに備える事業継続計画(BCP)の観点からも商品を安定して配送できる体制にする。

物流施設大手ESRが運営する施設内に「鈴与尼崎物流センター」を設けた

名称は「鈴与尼崎物流センター」。延べ床面積は約1万2000平方メートルで、高速道路に近い臨海部に位置する。大阪市や神戸市の中心部まで約20分で移動できるのが特徴だ。関西の物流拠点は3カ所目となる。

人手不足が続く物流業界は配送の遅れや長距離輸送の車両を確保できないといった課題がある。取引先の多い東日本だけでなく、大阪市など大消費地に近い関西に拠点を増やすことで、配送が滞るリスクを抑える。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]