北海道の社長、平均年齢が10年連続で上昇

2020/7/8 18:45
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチ北海道支社がまとめた道内企業の社長の年齢調査によると、2019年末時点での平均年齢は62.31歳と前年比0.38歳上昇した。事業承継や新規開業の低迷が続いており、09年の調査開始以来10年連続での上昇となった。

新型コロナウイルスによる経営悪化で社長の高齢化が一層進む可能性がある(札幌市の大通公園)

休廃業や解散をした企業のうち、社長の年齢が70代以上のケースは51%と過半数を占め、事業継続を諦める企業は多い。「新型コロナウイルスの影響で開業マインドが冷え、社長の高齢化は一層進む可能性がある」(東京商工リサーチ)。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]