栃木や東海で突風相次ぐ 各地で竜巻注意情報

2020/7/8 18:10
保存
共有
印刷
その他

8日午前、宇都宮市や浜松市、岐阜県の八百津町、高山市、愛知県豊橋市、三重県桑名市で突風による被害が相次いだ。いずれもけが人は確認されていない。各地では同日午前、竜巻注意情報が発表されていた。

午前7時半ごろ、豊橋市で突風が吹き、住宅の屋根が吹き飛ばされたと市などに通報が複数あった。消防によると、住宅や工場約10カ所で屋根が吹き飛ばされるなどした。この他、工場壁面のトタン板がはがれ、鶏舎や農業用のビニールハウスが壊れる被害も出た。

名古屋地方気象台は現地を調査。気象台の担当者は「大雨を降らせた雨雲が、突風を吹かせるような積乱雲だったのではないか」としている。

八百津町や宇都宮市でも突風が吹き、八百津町では住宅や物置など25カ所ほどに、宇都宮市では数カ所に被害が出た。岐阜県警高山署によると、高山市八日町で突風による被害が出たのは家屋3カ所と車庫1カ所で、いずれも屋根が吹き飛ばされた。

桑名市や津地方気象台によると、住宅や介護老人保健施設、事業所の計4カ所で屋根瓦やトタンなどが飛んだ。この他、飛ばされた物置が水路へ落下した。浜松市ではビニールハウスが倒壊し、家屋の屋根瓦が飛ばされた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]