ダイハツ、九州工場を全面再開 大雨で一時停止

2020/7/8 18:10
保存
共有
印刷
その他

ダイハツ工業は8日、大雨の影響で一時生産を停止した主力の九州工場(大分県中津市)を全面再開した。従業員や工場設備に被害は出ておらず出荷にも大きな影響はないとしている。同工場では軽乗用車「タント」や6月上旬に発売した「タフト」を生産する。2019年の生産台数は約43万5千台と国内生産の5割弱を占める。

エンジンを生産する久留米工場(福岡県久留米市)も通常稼働に戻した。ダイハツは6日午後に両工場を停止し、約2800人の従業員を避難させた。7日は九州工場の夜間の稼働を取りやめるなど生産を絞っていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]