東芝、内部監査の社員を倍増の100人に 2年以内めど

2020/7/8 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は8日、子会社で発覚した架空取引問題などを受け、法令順守強化のための「コンプライアンス有識者会議」を新設したと発表した。外部の弁護士と公認会計士に加え、社長ら10人規模で構成する。同会議のメンバーで、東芝の社外取締役の太田順司・監査委員会委員長は同日、日本経済新聞社の取材に応じ、2年をめどにグループの内部監査にあたる社員を約100人規模へと倍増させる考えを明らかにした。

東芝は1月、子会社の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]