中国もビザ制限、米に対抗措置、チベット問題巡り

習政権
2020/7/8 17:53
保存
共有
印刷
その他

【北京=羽田野主】中国外務省の趙立堅副報道局長は8日の記者会見で、中国のチベット自治区を巡り「悪辣な表現をした米国人に(中国入国の)ビザ(査証)を制限する」と発言した。

 記者会見する中国外務省の趙立堅副報道局長=6月22日、北京(共同)

ポンペオ米国務長官が米国人のチベット訪問の妨害に関わった中国政府当局者に対するビザ発給を制限すると発表したことへの対抗措置だ。趙氏は「中国の内政に干渉するのを直ちにやめるように促す」と述べた。

安全保障上の懸念を理由に米政府が動画投稿の「TikTok(ティックトック)」など中国企業が手掛けるソーシャルメディアのアプリの使用の禁止を検討していることに関しては「悪意のある中傷だ」と反発した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]