エレベーター向け非接触ボタン 富山の大沢工業

2020/7/8 17:53
保存
共有
印刷
その他

エレベーター製造の大沢工業(富山市)は8日、エレベーターホール用の非接触型ボタンを発売したと発表した。ボタンに手を近づけるとセンサーが反応する。新型コロナウイルスの感染拡大でニーズが高まっているとみて、介護施設や企業に販売する。

手を振る動きに反応する非接触型ボタンは台湾企業が開発した。既存のエレベーターにも後付けできる。発注量によって異なるが、価格は工賃込みで1台2万円程度を想定している。大沢工業の担当者は「介護施設などの関心は高い」と話す。エレベーターの乗りカゴのボタンにも非接触技術の導入を検討する。

同社は生産に加え、保守管理サービスも提供している。大型荷物を運搬するタイプも扱う。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]