/

この記事は会員限定です

遺言作成しやすく 保管制度スタート、相続を円滑に

人生100年お金の知恵(14)

[有料会員限定]

「自分の手で早めに遺言を書きたい」。神奈川県に住む川口正さん(仮名、68)はこう話す。川口さんの母親は亡くなったとき遺言を残さず、遺産分割でもめた。長男で母親の面倒をみてきた川口さんが多く相続するつもりだったところ弟と妹が反発。葬儀の日から口論になった。

自筆証書遺言、法務局で保管

話し合いの結果、川口さんが自宅を相続する代わりに手持ちの預金などを分けることになったが、感情のしこりは残ったまま。い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン