/

凸版印刷、eスポーツの企業対抗リーグを設立

凸版印刷が過去に開催したeスポーツイベントの様子

凸版印刷と電通子会社のサイバー・コミュニケーションズ(東京・中央)は8日、ゲーム対戦競技「eスポーツ」で企業対抗のリーグを設立すると発表した。eスポーツを通じて、企業間の交流を深める狙い。2020年度内に50社の登録と年間200試合の開催を目指す。

凸版印刷とサイバー・コミュニケーションズは企業対抗のeスポーツリーグ「AFTER 6 LEAGUE」を設立する。8月にリーグへ参画する企業を募集し、10月に運営を始める。

個人戦のほか、企業間のチーム戦や団体戦を実施する。オンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」からリーグ戦を開催し、20年度内に最大で6種類のゲームタイトルで大会を開催する予定。

リーグでは、試合の開催のほかにeスポーツの練習環境を整える。ディスクシティエンタテインメント(横浜市)が運営する漫画喫茶・ネットカフェ「DiCE」をリーグに登録する企業に練習場所として提供する。

オランダの調査会社ニューズーによると、20年のeスポーツの世界市場は10億ドル(約1070億円)を超える。すでにNTT東日本と大日本印刷もeスポーツの企業対抗戦の開催を表明。eスポーツは企業間や社内の交流手段として注目が集まっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン