/

この記事は会員限定です

よだれ鶏・シュクメルリ… 世界の鶏料理いいとこ取り

[有料会員限定]

今年の夏はコロナ禍で海外旅行には行きづらいのでは。

世界の料理を自宅で作って海外気分を味わえば、家族の会話も弾みそう。

多くの国で親しまれている鶏肉を使った料理を、専門家11人が選んだ。

今週の専門家


▽今泉マユ子(管理栄養士)▽荻野恭子(料理研究家)▽荻野菜々子(タニタ食堂管理栄養士)▽コウケンテツ(料理研究家)▽滝村雅晴(パパ料理研究家)▽とけいじ千絵(1級フードアナリスト)▽中川恵子(フードスタイリスト)▽野口英世(フードスタイリスト)▽武蔵裕子(料理研究家)▽村上祥子(福岡女子大学客員教授)▽脇雅世(料理研究家)=敬称略、五十音順

1位 よだれ鶏(中国)

 630ポイント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経が独自に調査し、文字通り「何でも」ランキングにします。専門家の知見やアンケートを駆使し、家電からお土産やお菓子、観光地、漫画まで身近なものごとを番付けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン