/

大谷選手も実践、目標は書いて明確に 教育現場が原点

『書いて鍛えて強くなる!原田式メンタル教育』

ビジネスパーソンにも効くメンタルトレーニングは教育現場から生まれた

自分なりにがんばっているのだが、なかなか成果を出せない――。そんなビジネスパーソンの悩み解決にヒントを与えてくれるのが、今回紹介する『書いて鍛えて強くなる!原田式メンタル教育』だ。継続して努力するスキルを身につけるメソッドで、学校教育の現場から生まれた。モチベーションを高め、強みを伸ばす人材育成の手法として、最近ではプロスポーツ選手の競技力向上やビジネスパーソン向けの教育研修にも採用されている。

◇   ◇   ◇

原田隆史氏

著者の原田隆史氏は、中学教師として20年のキャリアがあります。大阪市内の公立中学校で保健体育、生徒指導に従事しながら、陸上部の指導にも力を入れてきました。問題を抱える教育現場を次々と立て直して「生活指導の神様」と呼ばれたこともあります。このときの指導経験から独自の人材教育手法「原田式」を確立したのです。

大阪市教職員を退職した後は、大学講師を経て起業。人材育成の分野で活動しています。これまで約500社、9万2000人のビジネスパーソンを指導してきました。著書に『カリスマ体育教師の常勝教育』『大人が変わる生活指導』『目標達成ノート』などがあります。

普通の子が一番になれる

2019年、メジャーリーガー大谷翔平選手の「成功の秘密」を探るため米国のメディアが彼にゆかりのある日本人を取材しました。その一人に含まれていたのが「カリスマ体育教師」として知られた原田氏です。実は、大谷選手も実践した一人だったのです。スポーツ界でこの人材育成法は評価されており、サッカーJリーグ・浦和レッズのメンタル研修でも使われています。

原田式とは「自分でゴールを設定し、自らの人生を切り開くセルフマネジメントの技術」で、長年の教員生活を通じて編み出されたオリジナルメソッドです。大阪市内の荒れた中学校を建て直すために原田氏が「3年間で陸上部を日本一にする」と宣言したことからストーリーは始まりました。他の学校に比べて、学業でもスポーツでも生活態度でも「やる気」や「真面目さ」に欠けている生徒たち――。彼らに達成感を持たせることを目標として、試行錯誤を重ねる中で生まれました。

驚くべきことですが、陸上競技に関して全く実績のない普通の学校、大阪市立松虫中学校の生徒が3年後、見事に日本一になります。そのプロセスを詳しく紹介しているのが第1章「普通の子が一番になる」です。メソッド誕生の経緯が、スリリングな小説のように伝わってきます。

原田式のベースは「書く」という行為です。モチベーションを維持するには「何のためにやるのか」を意識する必要があります。そのためには文字化して見える形にすることが有効だと、それまでの部活指導の経験から考えたのです。

 実は私はかなり長い間、「自分が一番速く走っている姿をイメージしろ」と言って子どもたちを指導していました。ところが、ただ思い浮かべるだけでは、毎回、微妙にイメージがズレてしまい、どうしても効果が持続しません。
 どの生徒にも等しくイメージを強烈に意識させる方法はないか――。
 そう考えた結果、たどり着いたのが「書く」ことだったのです。
 目標が文字という目に見える形で捉えられるようになると、自分が目指すゴールの「イメージ」がどんどん明確に、そして具体的になってきます。松虫中で日本一を達成するなど、好成績を残してきた生徒たちも、「目標設定用紙」に書いて書いて書きまくり、目標の明確化を図ったのです。
(第2章 子どもたちの心をつくる 54~55ページ)

行動をサイクルにして習慣化

原田式がユニークなのは、書くスキルを高めるツールとして「目標設定用紙」を使う点です。1枚の縦長の紙に書き込む欄が数多くもうけてあり、何をどこに書けばよいかがフォーマット化されています。使用する目的に合わせて「長期間目標設定用紙」や「大会目標設定用紙」などいくつかのバリエーションがあります。

大会用を例にとりましょう。競技に関する目標のスペースは(1)最高の目標(2)中間の目標(3)絶対できる目標――という具合に分けてあります。その下には、目標を達成するために過去の試合や練習を振り返る欄が並んでいます。

抽象的な表現を避け、なるべく具体的に書くことが重要です。「成功した試合の心・技・体それぞれの状態」「失敗した試合の状態」「大会までの練習内容」「生活態度で重視すること」と言った具合に、すべてを簡潔かつ具体的に書き込むよう生徒を指導します。

この方法の優れている点は、書きながら自分の頭の中が整理されていくこと。過去に書いたものと比較できるので改善に役立つし、優れた成績を残した生徒の書いたものを読むことで参考にもなります。それにより弱みを切り捨て、強みをさらに伸ばすのです。

「書くこと」は何回も反復してトレーニングします。そして、毎回、振り返りや検証などなんらかのアクションをします。ビジネスのマネジメント手法であるPDSサイクル(Plan計画→Do実行→See検証)の応用で、PCDSSのサイクルという5ステップの繰り返しを通して指導します。

 一般的に良いとされていたのは、PDS3つを回すことでしたが、私の指導は、「(1)心を遣う―Plan(目標設定)→(2)心をきれいにする―Check(態度教育)→(3)心を強くする―Do(できることの継続)→(4)心を整理する―See(結果の考察)→(5)心を広げる―Share(知識の蓄積と共有)」というPCDSSの繰り返しでした。
(第1章 普通の子が一番になる 47ページ)

この練習を続けることで、子どもたちが練習を自主的にこなすようになったといいます。

「仕事と思うな、人生と思え」

原田氏が現在取り組んでいる社会人バージョンの「心づくり指導」にはユニークな合い言葉があります。それは「仕事と思うな、人生と思え」です。何のために働くのか、なぜその仕事を選んだのか、周囲の人に感謝されているか、社会のどんな役に立っているか――。そういった基本的なことがらから問い直し、心の充実につなげます。

企業人向けで行っているトレーニングに「3分間作文」があります。まず書く前の1分間で「何を書くか」を落ち着いて考えます。そして「はじめ」の合図とともに3分間、思ったことを原稿用紙に書くのです。これを定期的に続けることで、目標設定の意識を強めます。同時に、後ろ向きの気持ちを徐々に前向きに変える効果を得ます。

 大人の心づくりは、まず、自分のぶ厚い思い込みの殻を破る、つまり、主体変容=トランスフォーメーションを体験させることから始まります。
 失敗を前向きに変える術を持たない人はどうしても後ろ向きになってしまうのですが、大人は子どもより多くの失敗経験を積んでいます。だから大人の場合は、子ども以上に未来志向に育てていくための強力な仕掛けが必要なのです。
 そこで考案したのが、自分に気づき、主体変容させる「3分間作文」です
(第3章 大人たちの心を磨く 207ページ)

本書は03年10月に日経BPから刊行した『カリスマ体育教師の常勝教育』を加筆、文庫化したものです。文庫版の「はじめに」で、著者は「人を育てることの本質は時代が変化しようとも揺らぐことはありません」と書きました。そして「教育者、あるいは指導者として目指すべき『自立型人間の育成』というゴールは17年前も今も変わっていません」と強調します。コロナの影響で社会の変化が加速し、将来の不確実性が格段に高まっています。こんな時だからこそ「目標を設定して実現を目指す技術」を説いた本書は再読の価値が高いと思います。

◆編集者からひとこと 日本経済新聞出版・三田真美

本書の元となった『カリスマ体育教師の常勝教育』は、刊行当時、教育界だけでなく企業の人材育成においても一大旋風を巻き起こしました。文庫化にあたっては、時代にあった加筆修正を行い、コロナショックという予期せぬ事態に直面して、不安が増しているビジネスパーソンが、変化対応力を身につけ、冷静に日々の仕事に取り組む上での羅針盤となるメッセージや事例を随所に盛り込んでいます。筆舌に尽くしがたい厳しい生活環境にあった子供たちに、「自分は変われるのだ」と信じさせ、自己肯定感を高めることで、未来を切り開いてきた著者の言葉、子供たちとのエピソードは、何度読んでも心に響きます。時代を経ても色褪せない、不思議と希望が湧いてくる一冊なのです。

 一日に数百冊が世に出るとされる新刊書籍の中で、本当に「読む価値がある本」は何か。「若手リーダーに贈る教科書」では、書籍づくりの第一線に立つ出版社の編集者が20~30代のリーダーに今読んでほしい自社刊行本の「イチオシ」を紹介します。

書いて鍛えて強くなる! 原田式メンタル教育 (日経ビジネス人文庫)

著者 : 原田 隆史
出版 : 日本経済新聞出版
価格 : 880円 (税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン