中国SFの黄金期示す 小谷真理氏が選ぶ3冊
時のきざはし 立原透耶編

読書
2020/7/9 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国SFの黄金期を伝えるアンソロジー。現代の精鋭らの17編を収録。変動激しい中国現代史から培われた感性を、貪欲に吸収した国外SFの物語学の中にじっくりと溶かし込む絶妙なスタイルは、21世紀文学の可能性を見せつける。エネルギッシュな中国文学者の編者と翻訳陣に恵まれたことも、僥倖(ぎょうこう)だ。

時空を超越する通路から過去へ旅立つ男女を描いた表題作の、なんとほろ苦いことか。エイリアン妻のアイロニカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]