/

この記事は会員限定です

商人の血と涙と歓びと 縄田一男氏が選ぶ3冊

商う狼 永井紗耶子著

[有料会員限定]

永井紗耶子といえば、これまで地味で堅実な作風で"知る人ぞ知る"という存在だったが、それも昨日までのこと。本書は作者にとって記念碑的作品であり、この一巻で作者は、歴史・時代小説界の第一線に躍り出た。

作品は、口さがない輩からある妖怪にたとえられて「毛充狼」と呼ばれた江戸商人杉本茂十郎のことを、唯一の盟友堤弥三郎が、老中水野忠邦の命で語りはじめることで幕があく。山深い甲斐から江戸へ出て来て、飛脚問屋の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン