東芝系、遠隔での自動車設計 各社共通システム販売

2020/7/9 0:00
保存
共有
印刷
その他

東芝デジタル事業子会社の東芝デジタルソリューションズは、コンピューター上で自動車開発のシミュレーションを複数企業で円滑にできるシステムを9日から販売する。各企業が使う個別のソフトウエアの互換性があることが特徴。開発コストの削減や期間短縮につながるとみて、自動車メーカーや部品メーカー向けに売り込む。

東芝デジタルソリューションズは、企業が共同で車のデジタル設計をできるシステムの販売を始める

自動車開発では、コンピューター上のシミュレーションで製品の設計や性能を検証する「モデルベース開発」が広がっている。実車試験の前に不備などを発見できるため、試作品を減らして効率化できるとされる。新しいシステムでは、各部品を請け負う企業がそれぞれ行っていたシミュレーションをつなぎ、車両全体での検証をできるようにする。標準的な規格にすることで、各社が異なるソフトウエアを使っていても機能するという。

部品などの設計情報は企業にとって機密性を持つ場合があるが、それを担保したまま共同でシミュレーションできる。システムを使う企業から利用料を受け取る収益モデルで、完成車メーカーに対しては年間数百万円程度を求めることを想定している。

東芝デジタルソリューションズの島田太郎社長は各企業の担当者らが遠隔で作業ができるため新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで「社会的意義がある」と話す。「世の中にない設計のプラットフォームを提供する」とも指摘。航空機やロボットなど、ほかの製品でも活用できるとみて販路を広げたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]