コロナ、子どもは重症化しにくく 細胞の仕組みにカギ
学校休校の効果乏しく

コラム(テクノロジー)
2020/7/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

子どもは新型コロナウイルスに感染しにくく、感染しても重症化はまれ――。大人に比べて子どもの感染報告が少ない理由が明らかになってきた。細胞の仕組みに鍵があるとされる。感染が再び増える「第2波」が懸念されるなか、専門家からは「感染拡大を防ぐための休校措置は効果が乏しい」との声も出ている。

子どもの感染率が低いとの報告は、国内外から相次いでいる。日本の厚生労働省によると、7月1日時点で1万8512人の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]