セガトイズ、90年代業務用ゲーム機 ミニ版を発売

2020/7/8 15:39
保存
共有
印刷
その他

セガトイズは8日、ゲームセンターで人気を博した業務用ゲーム機「アストロシティ」を模した家庭用ゲーム機を12月に発売すると発表した。1990年代にゲームセンターに設置されたゲーム機の縮小版で36種類のゲームが遊べる。昔遊んだことのある40~50代がターゲットになる。

12月発売予定の「アストロシティミニ」

発売するのは「アストロシティミニ」で価格は1万2800円(税別)。「アストロシティ」の6分の1のサイズで、元のゲーム機の素材やデザインを忠実に再現した。90年代に流行した3D格闘ゲーム「バーチャファイター」などが収録されている。

同時に発売するコントロールパッド(2780円)を使用すると最大2人で遊ぶことができる。付属ケーブルでテレビなどモニターにも接続可能だ。

「アストロシティ」は93年に登場し、全国のゲームセンターに5万台ほど導入された業務用ゲーム機。現在の40~50代にとってなじみ深く、ゲームを楽しむ大人の需要を取り込む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]