/

この記事は会員限定です

キリン堂、AIで約2万点を自動発注 廃棄減で利益率改善

[有料会員限定]

関西を地盤とするドラッグストアのキリン堂ホールディングス(HD)は、人工知能(AI)が商品ごとに需要を予測し、自動で発注するシステムを年内に全店で導入する。廃棄に伴う損失や品切れを減らすほか、発注作業の時間も半減する。効率化で浮いたコストを原資に化粧品などのプライベートブランド(PB)の開発を強化。競合に比べ見劣りする利益率の改善を目指す。

新システムは、天候や曜日、店舗の立地などからその日の来店客数を約95%の精度で分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン