頭上に浮かぶ眼鏡 福井・鯖江のめがねミュージアム
映える!

2020/7/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

入り口を抜けると、巨大な球体2つが頭上に現れる。目を凝らすと無数の眼鏡フレームが球体を形作っている。福井県眼鏡協会(福井県鯖江市)が運営する「めがねミュージアム」(同)では、このオブジェが来館者を出迎えてくれる。

球体の直径は約3.2メートルあり、1つあたり金属製フレームを約700個使っている。球体はそれぞれ吹き抜けの天井からつるされており、見上げると空間に浮かんでいるようだ。

ミュージアムの入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]