川原ふくや社長 家庭向け商品強化、消費掘り起こし
戦略 トップに聞く

福岡
2020/7/8 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で観光客やビジネス客が激減し、福岡の土産物関連産業も大きな影響を受けた。めんたいこ製造大手、ふくや(福岡市)も観光客向けの売り上げがほぼゼロになったという。川原武浩社長はコロナによる観光への影響は長引くとみて、家庭での消費を掘り起こす戦略を描く。

――コロナではめんたいこの販売にどのような影響が出ましたか。

「各空港や太宰府にある観光客向けの店舗は4月と5月は閉店し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]