/

25歳機動隊員が拳銃自殺図ったか 警視庁、業務交代後

(更新)

8日午前3時半ごろ、東京都千代田区富士見2の路上で、警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が頭から出血して倒れているのを通行人が見つけた。巡査長は病院に搬送され、意識不明の重体。所持していた回転式拳銃に1発発射した形跡があり、麹町署は拳銃で自殺を図ったとみて調べる。

同署によると、巡査長は7日朝から8日未明まで、近くにある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部周辺で警戒に当たっていた。交代の引き継ぎを終え、待機車両に戻る途中に発砲したとみられる。遺書は見つかっていない。

現場はJR飯田橋駅から南に約500メートル。近くに朝鮮総連中央本部のほか大学キャンパスなどがある。

警視庁警備1課の重久真毅課長は「誠に遺憾。動機などの詳細は調査中だが、再発防止に努めたい」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン