日経平均が続落 終値は176円安の2万2438円

2020/7/8 9:08 (2020/7/8 15:37更新)
保存
共有
印刷
その他

8日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比176円04銭(0.78%)安の2万2438円65銭で終えた。米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、経済活動の再開が遅れるとの見方から下落圧力が強まった。前日の米株式相場が下落したのを受け、国内市場でも投資家が運用リスクを避ける姿勢が優勢だった。景気敏感株を中心に売りが出た。

国内でも東京都の新規感染者が連日100人を超えるなど感染拡大の収まる兆しがみえないことや、九州地方や中部地方など各地で豪雨被害が相次いでいることも投資家心理を下向かせた。

決算を迎える上場投資信託(ETF)の分配金を捻出する目的の売りについても、8日は3000億円規模で出てくるとの見方があり、次第に相場の重荷となった。

一方、新たな生活様式のなかで需要が見込めるIT(情報技術)関連銘柄などの一角には押し目買いも入り、日経平均は上昇に転じる場面もあった。

JPX日経インデックス400は続落。終値は前日比128.08ポイント(0.90%)安の1万4056.45だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、14.48ポイント(0.92%)安の1557.23で終えた。ともに安値引けとなった。

東証1部の売買代金は概算で2兆1599億円。売買高は11億5596万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1686と、全体の8割近くを占めた。値上がりは420銘柄、変わらずは65銘柄だった。

郵船川崎汽ホンダ日産自などが売られた。オークマやフジクラ、第一生命やT&Dなども下げが目立った。資生堂花王も安い。一方でヤマトHDが買われた。NTTドコモKDDIも上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]