コロナ「第2波」なら20年末に失業率12.6% OECD

2020/7/8 5:49
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】経済協力開発機構(OECD)は7日、新型コロナウイルスの流行がさらに広がった場合、加盟国の失業率が2020年末に12.6%となるとの報告書を発表した。5月は8.4%だった。1930年代の世界恐慌以来最悪の状況で、各国に雇用支援の継続を呼びかけた。

報告書によると、いわゆる「第2波」が各国を襲った場合、失業率は20年末、21年末にそれぞれ12.6%、8.9%と推移する。再び外出制…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]