メキシコの車生産、回復鮮明 6月は5月比で11倍に

2020/7/8 5:35
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコの自動車生産が回復してきた。国立統計地理情報院(INEGI)が7日発表した6月の自動車生産台数は23万8946台と、5月に比べて11倍に増えた。依然として前年同月比では29%減の水準だが、生産体制の復旧が進む。

トヨタの車を運ぶトレーラーの列(6月30日、メキシコ北西部ティフアナ)=ロイター

各社は3月下旬に工場の稼働を止めたが、新型コロナウイルスの感染防止対策を導入し、5月下旬から順次生産体制を整えてきていた。メーカー別で最多だった米ゼネラル・モーターズ(GM)の生産台数は7万4098台で、前年同月(7万7804台)に近い水準まで回復した。マツダと独BMWは前年同月の水準を上回った。

5月には工場が稼働しなかった独フォルクスワーゲン(VW)と独アウディ、中国の安徽江淮汽車集団(JAC)は6月に生産が再開した。

6月の輸出台数は19万6173台と、5月実績(1万5088台)に比べると13倍に増えた。米国の経済再開が後押ししたとみられる。前年同月比では39%減少した。

1~6月の合計生産台数は117万2698台と、前年同期を41%下回った。メキシコ自動車工業会(AMIA)は20年通年では、19年比で28~30%減の水準になるとみている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]