「地下神殿」15日から見学会再開 7月は埼玉県民限定

2020/7/7 19:31
保存
共有
印刷
その他

「地下神殿」と呼ばれている防災用の地下河川「首都圏外郭放水路」(埼玉県春日部市)の見学会が15日から再開する。新型コロナウイルスの感染拡大で見学会を3月から休止していた。マスク着用や検温の実施といった対策を講じながら、安心して見学できる体制を整える。

人気の「地下神殿」を見学できる(国土交通省江戸川河川事務所提供)

7月の見学会は埼玉県在住者に限って実施し、8月1日以降は県外からの参加も受け付ける。定員は従来の50人から30人に減らす。公式ホームページでの事前申し込みが必要だ。

1時間で地下神殿などを回れるコース(1000円)を用意し、1日5回実施する。従来は3コースを用意していたが、人と人との接触を抑えるため1つに絞った。団体予約は今後の感染状況を見ながら再開時期を検討するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]