/

栃木・足利市、サテライトオフィス誘致へ補助金

栃木県足利市は市内の空き家を活用してサテライトオフィスを開設する企業に改装費を補助する。インターネット環境の整備や間仕切りの設置などにかかった経費のうち、半額を負担する。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、人口が過密な大都市から地方に拠点を移す動きが出ているのに対応する。

補助金は国の地方創生臨時交付金を活用する。1件当たりの補助額は最大200万円で、3件の利用を見込む。1日から申請を受け付け始めたところ、すでに問い合わせが来ているという。サテライトオフィスを開設する企業に加え、空き家をオフィスに改装したい大家も補助対象となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン