一体感より生き残り 音楽ライブ、配信に活路
withコロナ 企業の現場

2020/7/7 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歌手や観客が一体感を楽しむ音楽ライブなどの光景が変わりつつある。新型コロナウイルス対策がニューノーマル(新常態)となるなか、2020年はコンサートやミュージカルなどエンターテインメント産業の市場規模が7割縮む。生き残りへ試行錯誤が続く。

「配信の方がリアルよりも収益が出るかもしれない」。動画などの配信サービスを開発する東証1部上場のフェイスで、ライブの運営を統括する佐藤彩乃さんは手応えを感じてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]