/

九州豪雨、死者56人に 「特定非常災害」指定急ぐ

(更新)
福岡県大牟田市で、冠水した住宅街を歩く男性(7日午後)=共同

九州では7日も福岡や大分県などで記録的な大雨となり、河川の氾濫による浸水などが各地で発生した。九州地方の豪雨による死者は56人となった。行方不明は12人。気象庁は8日も朝にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。

総務省消防庁によると7日午後3時現在、犠牲者が最も多くなっている熊本県で約3790世帯、宮崎県で18世帯がなお孤立している。避難指示は同日午後2時半現在で、九州を中心に8県の約63万7千世帯、約138万9千人に出ている。

安倍晋三首相は7日、九州地方の豪雨被害について特定非常災害特別措置法に基づく「特定非常災害」への指定を急ぐよう関係閣僚に指示した。指定されると被災者は運転免許の有効期限延長など行政手続きの特例が受けられる。救助活動などに当たる自衛隊を現在の1万人から2万人態勢に拡大する方針も示した。

気象庁によると、西日本から東北にかけて停滞している前線は活発な活動が続く見込み。8日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部・四国・東海で250ミリ、九州北部・近畿・関東甲信で200ミリ、中国・北陸地方で150ミリなど。

 豪雨被害を受けた熊本県球磨村の住宅地(7日午前)=共同
熊本県津奈木町で行方不明者を捜索する警察官(7日午前)=共同
大分県九重町の野上川で豪雨により流失したJR久大線の鉄橋(7日午前)=住民提供・共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン