[社説]民の力で柔軟な労働市場づくりを急げ

働き方改革
2020/7/7 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コロナ禍の収束が見通せず、雇用情勢が一段と悪化している。経済再開が足踏みすれば雇用不安がさらに広がりかねない。

職を失った人を、働き手を必要としている企業が吸収し、雇用を安定させる仕組みを早急に整える必要がある。そうした柔軟な労働市場づくりに向けた改革を政府は本気で進めるときだ。

総務省の5月の労働力調査によると、完全失業率は2.9%と前月から0.3ポイント上昇した。企業業績の悪化や営業自粛で非…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]