[社説]説明と検証が年金運用の要だ

2020/7/7 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

公的年金の積立金の運用が2019年度は8兆円超の損失となった。150兆円規模の運用を引き受けている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が先週発表した。リーマン・ショックの影響で9兆円超の運用損となった08年度以来の赤字額だ。

新型コロナウイルスの問題で、国内外で株価が急落したことが響いた。4月以降、株価は持ち直しているが、年金加入者・受給者の疑問や不安に対し、しっかり説明を尽くす姿勢が欠か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]