/

この記事は会員限定です

東芝、法令順守強化に有識者会議設置 架空取引受け

[有料会員限定]

東芝は、子会社で発覚した架空取引問題などを受け、内部統制強化のために「コンプライアンス有識者会議」を8日付で設置することを決めた。外部の弁護士と公認会計士、東芝の監査委員会委員らで構成する。2020年度中に法令順守強化の提言をまとめ、不正の再発防止につなげる。

社外からは、東洋ゴム工業(現TOYO TIRE)の免震ゴム偽装を巡る問題で社外調査チーム代表などを務めた弁護士の小林英明氏と、公認会計士の神林比洋雄氏を招く。東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン