貸出残増加額5倍 3~5月前年比、九州・沖縄の銀行

2020/7/7 18:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大のなか地場企業の資金繰りを支えるため、九州・沖縄の地方銀行が貸し出しを急増させている。日銀福岡支店がまとめた同エリアにおける銀行の貸出金残高は5月末時点で41兆9208億円と、2月末に比べて2%(約9115億円)増えた。19年の同期間の増加額の5倍で、比較可能な1990年以降で最大となった。

県別に5月末の残高を前年同月末と比較すると、熊本が6.9%増と最も増加率が高く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]