/

この記事は会員限定です

関西主要企業、7割でトップ選任比率上昇 コロナ考慮

[有料会員限定]

コロナ禍で迎えた株主総会。関西では主要企業の7割で経営トップの選任議案に対する賛成比率が前年から上昇した。新型コロナウイルスの影響による景気後退を受け、投資家の間で「一時的な業績悪化はやむなし」との見方が広がった。女性取締役の選任など、企業側が企業統治(コーポレート・ガバナンス)の改善を進めていることも背景にある。

日本経済新聞社が6月に開催された株主総会の経営トップ選任議案に対する賛成比率を調べ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン