/

イオンモールの21年2月期、最終赤字40億円 コロナ休業で特損

イオンモールは7日、2021年2月期の連結最終損益が40億円の赤字となる見通しだと発表した。新型コロナウイルスまん延による4~5月の大規模な休業が響く。営業再開後の客足は回復傾向だが、売上高に相当する営業収益は前期に比べて14%減の2800億円にとどまる見通しだ。業績予想はこれまで「未定」としていた。

赤字転落は2002年の上場以来、初めて。最終損益ベースでは、上半期に140億円の赤字になる一方、下半期は100億円の黒字とみている。感染「第2波」で再び緊急事態宣言が出されるような「大規模な社会的制限」は想定せず、新型コロナの影響は「今期末まで縮小しながらも継続する」との前提で業績予想をまとめた。

同日発表した20年3~5月期の連結決算は、最終損益が134億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)だった。新型コロナによる休業期間中のショッピングモールの地代家賃や減価償却費、テナント支援のための賃料減免など158億円を特別損失に計上した。

4月中旬から国内の直営全84モールを約1カ月間休業し、3~5月の来店客数は4割減った。営業収益は前年同期比35%減の527億円だった。セグメント利益は日本事業が同79%減の27億円、1~3月の実績が反映される海外事業は2億円の赤字だった。

コロナ後を見据えた投資は継続する。同日、ベトナムで22年度後半に総賃貸面積8万4000平方メートルの複合型モールを開業すると発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン