新常態ひらく米国ロボットサービス

2020/7/10 12:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働力の補完や省人化などの目的だけでなく、新型コロナウイルスの感染を防ぐ手段としても、ロボットを活用した非接触サービスの需要が急増している。警備や自動運転掃除などロボティクスとサービスを掛けあわせた事業に取り組むスタートアップについて、日米に拠点を置くベンチャーキャピタル、スクラムベンチャーズが紹介する。

 ■自動掃除ロボット Brain Corp

最初に紹介するスタートアップは、2009年にカリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]