/

子の予防接種33%が延期 「感染怖い」「自粛」

新型コロナウイルスの感染拡大で、「感染が怖い」「外出自粛をした」などを理由に、子どもの予防接種を延期した保護者が33%だったことが、NPO法人「VPDを知って、子どもを守ろうの会」(東京)の調査で7日までに、分かった。

同会は「『予防接種は不要不急でない』との情報が保護者に十分に届いていない。接種遅れや未接種につながる恐れがある」として、接種を控えないよう呼び掛けている。

調査は5~6月、インターネット上で、高校生までの子どもを持つ保護者を対象に実施。1089人から回答を得た。

外出を自粛していた期間中に予防接種を予定していた人のうち「接種した」は67%だった。一方、「延期したが接種した」17%、「延期してまだ接種していない」16%と、合わせて30%以上が延期していた。

延期の理由(複数回答)は、「コロナウイルスの感染が怖かった」68%が最も多く、「緊急事態宣言後、外出自粛をしていた」49%、「接種時期が多少遅れても問題ないと思った」43%、「医療機関に負担をかけたくなかった」39%と続いた。

「予防接種は不要不急でない」と知っていた保護者のうち、延期したのは29%だったのに対し、知らない保護者では50%に上った。

小児科医で同会の菅谷明則理事長は「一般の診療と予防接種の時間帯を分けるなど、小児科は安全対策を取っているので安心して受けてほしい」とし、「先延ばしするうちに、病気が流行する恐れもある」と指摘している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン