9/28 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: キオクシア、上場延期へ 米のファーウェイ規制影響[有料会員限定]
  2. 2位: 大還元後のマクセルHD、ROE改善のカギは回転率[有料会員限定]
  3. 3位: まぐまぐ、サブスクで上場 脱メルマガ広告で再建[有料会員限定]
  4. 4位: 確定拠出年金のコロナ耐久力[有料会員限定]
  5. 5位: 市場で浮上する「民主党完勝」への期待(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

GPIF4年連続運用不振 損失拡大の真因ぼかす
編集委員 前田昌孝

2020/7/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年1~3月期に公的年金の運用で巨額の損失が出たのは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)にリスク選好型の運用を許した国民にも責任がある。しかし、株価指数などの変動から計算した理論値を上回る損失が出たのは、GPIFの運用がまずかったためだ。しかも、不振の主因は外国株への強気が裏目に出たことなのに、GPIFは「国内債を少なめに持ったこと」と真因をぼかす説明をしている。ごはん論法なのだろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム