LIXIL、途上国に手洗い器 低価格でコロナ対策

2020/7/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

LIXILグループは発展途上国向けの手洗い器「SATO Tap」を開発した。新型コロナウイルス防止には手洗いが有効だが、世界では約30億人が手を洗うことが困難な状況にあるといわれる。水道が利用できない地域でも家庭で手洗いができる設計と低価格にした。9月からユニセフなどに提供し、その後2021年始めまでに一般向けの販売を開始する。

SATO Tapはプラスチック製の本体とノズルで構成されている。水を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]