東京のコロナ・災害対応、周辺県と連携重要に
小池都政 2期目の課題(3)

2020/7/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「まずコロナ対策に全力を尽くす」。再選を受けた6日の記者会見で、小池百合子知事は当面の最大の課題として新型コロナウイルスへの対応を挙げた。新規感染者数が連日100人を上回るなか、感染拡大の「第2波」に備えた検査・医療体制の整備が急務となっている。

東京都は感染状況に応じ「1000床→3000床→4000床」と3段階で病床を確保する。都は第2波を見据え「レベル2」の3000床に確保計画を引き上げ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]