/

この記事は会員限定です

「一斉授業は限界、最適な方法考える必要」小林いずみ氏

教育改革 危機が促す

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は日本の教育システムを巡る様々な課題を浮き彫りにした。経済同友会の元副代表幹事で、初等中等教育の抜本改革を促す提言を取りまとめた小林いずみ氏に、企業が求める人材や学校で身につけるべき力などを聞いた。

――コロナ禍で学校のオンライン化の遅れなどの課題が浮かびました。

「先生にはICT(情報通信技術)機器を使うことで子どもの学力が落ちることや、自分の仕事がなくなるのではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン