段ボールベッドなど送付 政府、熊本豪雨の被災地に

2020/7/7 12:12
保存
共有
印刷
その他

熊本県南部を襲った記録的豪雨で、政府は被災地に段ボールベッド1千台や食料6万点などの送付を順次始めた。7日の閣議後会見で武田良太防災相が明らかにした。被災自治体の要請を待たずに物資を届ける「プッシュ型支援」の一環という。

ほかに配布するのは、スポットクーラー150台や非接触型体温計100個、布製パーテーション940個、衣類8千着など。武田防災相は「現地に届いたかどうかは一つ一つ確認できている」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]