キヤノンMJ、複合機に交通系ICかざして交通費精算

2020/7/7 11:06
保存
共有
印刷
その他

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)はオフィス複合機に交通系ICカードをかざして交通費精算ができる企業向けサービスを8月に発売すると発表した。鉄道やバスの乗降履歴をもとに交通費を自動計算して一覧表を出すことで、これまで個別に経路情報を記録していた交通費の精算が早く済ませられる。個々の従業員の事務手続きを短縮することで働き方改革を支援する。

交通系ICカードをかざして乗り降りの履歴が出力できる(写真はイメージ)

キヤノン製複合機のオプション機器であるICカードリーダーにSuica(スイカ)など交通系ICカードをタッチすることで、交通機関の利用日時や料金を並べた数表データを個々の従業員のメールアドレスに送信する。ICカードに登録された定期券区間を考慮して実費料金を計算するほか、データをその場で印刷することも可能だ。

PASMO(パスモ)やICOCA(イコカ)など相互利用できる交通系ICカードに対応。全国の都市圏の鉄道やバスの乗降履歴が一覧できる。サービスの料金は複合機1台につき月額3000円。

キヤノンMJは社員証などのICカードを使って個々の従業員が印刷やスキャンを個別に管理できるように、ICカードリーダーを搭載した複合機を販売している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って個々の社員がオフィスに滞在する時間も短縮される傾向にあるなか、「事務手続きなどコア業務以外の作業の効率化を後押ししたい」(同社)という。

精算サービスはJR東日本の子会社であるジェイアール東日本企画(東京・渋谷)やJR東日本メカトロニクス(東京・渋谷)と組み開発した。2社は交通系ICカードのデータを用いた交通費精算サービスを提供している。(橋本剛志)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]